• 腰に痛みがあり、お尻や太ももがつっぱっている
  • お尻・太もも・ふくらはぎにしびれがある
  • 朝起きると腰が痛くてつらい
  • 痛みとしびれで途中に休憩を入れないと歩けない
  • 病院に行っても湿布と薬だけでよくならない。
  • 整骨院の電気とマッサージではよくならない
  • 一向に改善しない腰痛としびれに悩んでいる。

 

もしあなたが、この中の1つでも当てはまり、ずっと苦しんでいるのでしたら、当院がお力になれるはずです。でも、「もう整体も整骨院も何軒がいったし、改善しなかったからどうせダメなんじゃないの?」そんな気持ちになるのもわかります。

どういうこと?

と思われた方はこのページをゆっくり最後まで読んでみてください。

当院には脊柱管気狭窄症で改善された方の声をこれまでたくさんいただいております。まずはあなたより一足先に辛い脊柱管気狭窄症から解放された方の声をご覧ください。



【脊柱管狭窄症】5分も歩けなかったのが、30分休憩なしで歩けるようになりました!

Q.来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

A.1年前に脊柱管狭窄症と診断され、だんだん歩ける距離が減ってきました。何度も休憩をしないと歩けず、5分歩いて休憩を繰り返していました。

Q.今までどのような処置・治療を受けてこられましたか?

A.整形外科のリハビリを続けていましたが、あまり変化はありませんでした。

Q.当院で治療を受けてどう変化しましたか?

A.歩く速さも変わりましたし、休憩なしで30分歩けるようになりました。

Q.当院は他院とどんな点が違いますか?

A.とてもリラックスした施術で、早く良くなるのが実感できました。

Q.どのような方に当院はお勧めですか?

A.歩くのに不安のある方は、早く相談すると良いと思います。


【脊柱管狭窄症】手術をしても腰の痛みシビレがありましたが、楽になりました!

Q.来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

A.脊柱管狭窄症の手術をしましたが、腰の痛み、シビレがまだあり、家事も辛かったです。

Q.今までどのような処置・治療を受けてこられましたか?

A.整形外科で注射や薬でごまかしていました。

Q.当院で治療を受けてどう変化しましたか?

A.施術を重ねるごとに、腰の痛みやシビレが少しずつ楽になりました。家事も以前よりできるようになりました。

Q.当院は他院とどんな点が違いますか?

A.触るだけで痛みのない施術です。これで治るの?と思っていましたが、どんどんカラダが楽になりました!

Q.どのような方に当院はお勧めですか?

A.私のように手術をしてもまだ痛みやシビレがある方にお勧めです。


【脊柱管狭窄症】今までできなかった草引き、溝掃除ができるようになりました!

Q.来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

A.腰が痛くて歩けない状態で、病院では脊柱管狭窄症と言われました。今までできていた草引き、溝掃除もできなくなりました。

Q.今までどのような処置・治療を受けてこられましたか?

A.整形外科で痛みを止める薬を何種類も飲んでいましたが、効果がありませんでした。

Q.当院で治療を受けてどう変化しましたか?

A.全く歩けなかったのが10分歩けるようになったり、草引きや溝掃除もできるようになりました。近所の方にも、びっくりされました。

Q.当院は他院とどんな点が違いますか?

A.他では痛みのある場所だけみてもらっていましたが、体全体をみてそこから原因をしっかり探してくれました。セルフケアも教えて頂けます。

Q.どのような方に当院はお勧めですか?

A.歩けない方、膝が痛い方が多いので、お勧めしたいと思います。


【歩けない】びっこを引いて歩いていたのが、真っすぐ歩けるようになりました!

Q.来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?

A.左足の裏に強い痛みがあり、びっこを引きながらしか歩けませんでした。(真っ直ぐ歩くことができませんでした)

Q.今までどのような処置・治療を受けてこられましたか?

A.3つくらい整形外科に行き、痛み止めを処方されましたが効果がありませんでした。

Q.当院で治療を受けてどう変化しましたか?

A.回数を重ねるたびに痛みが減ってきて自信につながってきています。

Q.当院は他院とどんな点が違いますか?

A.痛みをごまかしているのではなく、原因に向き合ってくださります。前向きに考えることができ、良い方向に向かっていることを実感できます。

Q.どのような方に当院はお勧めですか?

A.痛みが続き、治らない人たちに来てもらい、実感してほしいです。


当院からあなたへ

特別なご案内があります

 


脊柱管気狭窄症ってどんな症状?

背骨の中を通る神経を囲んでいる脊柱管。この脊柱管が何かしらの原因で狭窄(狭くなってしまう)ことで神経に触れて生じる痛みシビレのこと。あなたは病院でレントゲン検査をして、お医者さんからこのように症状を説明されたのではないでしょうか?

たしかに脊柱管が狭窄状態になり神経に触れることはあるのですが、背骨内の神経に触れても痛みやシビレが出ないケースが非常に多いことが分かっています。狭窄状態が原因でないなら、手術をしても意味がない

以上のように背骨の神経にちょっとした刺激があっても痛みシビレが出ないケースが多いことがわかっています。つまりあなたが脊柱管狭窄症と診断されても、今の痛み・シビレの原因ではない可能性があるんです。


脊柱管気狭窄症の原因

原因 ①

骨盤に対して体重が正確にのっていない骨盤は体の重みを左右の足に均等に分散させ体重を受ける役割を持っています。

その骨盤のバランスが崩れるとその機能を正確に果たすことが出来なくなってきます。

その結果、あなたは均等に体重を受けることができていない為に、腰にストレスがかかり痛みが起きていると考えられます。


原因 ②

日常生活上の動きに問題がある骨盤のバランスが崩れる原因として、日常生活があります。

(例)座り方、歩き方、寝方など。普段から重心が崩れる生活をしている為に、骨盤のバランスが崩れてしまうのです。

この重心の問題を解決させずに施術を続けていても症状は変化していきません。


なぜあなたの脊柱管気狭窄症は病院に行っても改善しないのか?

辛い症状に対してあなたはどのような対処法を受けていますか?

  • ブロック注射を定期的に整形外科で打ってもらっている
  • お尻の筋肉をほぐしてもらっている
  • 腰のマッサージを受けている
  • ロキソニン、リリカなどの薬を常用している

上のような対処法や治療を受けている人は、根本から鎖骨神経痛が改善することは正直難しいです。

「痛みの緩和・解消」目的では効果を感じるかもしれません。


しかし

  • 薬が切れたら、また痛くなりませんか?
  • マッサージ店から帰り道にもう痛くなっていませんか?
  • 薬の効き目が弱くなっていませんか?

これはなぜでしょう?

脊柱管気狭窄症が「なぜ起きたか?」に対応できていないからです。

この問題を解決しなければ脊柱管気狭窄症の根本的解決はまずありえません。


当院からあなたへ

特別なご案内があります