• 足のシビレが3ヵ月以上続いている
  • 立っていても座っていてもお尻から足にかけてシビレがある
  • 足に力が入らなくなる時がある
  • 太ももとふくらはぎの外側がズキズキする
  • 痛みもしびれもあって家事をするのが辛いけど変わりがいない
  • 整形外科や整体に行ってみたがなかなか改善されない
  • ロキソニンを飲んでなんとか痛みごまかしている

 

 

 

 

半年前から病院で坐骨神経痛と診断され何をしていてもお尻から足にかけて痛みが強く、痛みで夜に起きてしまうこともありました。

 

仕事や家事にも支障が出ていたのでこのままよくなるのかとても不安で娘にネットで検索してもらいあつし整体院に通い始めました。

 

なぜ、坐骨神経痛になったのかの原因もしっかりと説明して下さり丁寧に施術もして下さいました。

 

施術を受ける度にしょうじょうは 改善されていき2ヵ月後には全くシビレを感じなくなりました。

 

今では再発しないように2週間に1度メンテナンスに通っています。

 

仕事も家事もしっかりとできるようになったのでとても感謝しています。

 

本当にありがとうございました。

 

※効果には個人差があります。


 

 

2年前から、病院で坐骨神経痛と言われて左足から足先にかけてひどいシビレがありました。

 

まともに歩くこともできない状態で少し足を上げるだけでも痛かったのを今でも覚えています。

 

知り合いがあつし整体院で足のシビレが良くなったと言っていたことを思い出し、あつし整体院を紹介して頂きました。

 

みてもらうと坐骨神経痛になった原因は腰ではないことが分かり1つ1つ丁寧にカラダの使い方や、靴のアドバイスもして下さいました。

 

施術するにつれて痛みのようなシビレもどんどん軽減していき今では普通に歩けるようになりました。

 

この痛みがずっと続くのではないかと、とても不安でしたが今はあつし整体院があるので安心して生活を送れています。

これからも宜しくお願いします。

 

※効果は個人差があります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、このページを読んで頂いている方は、足のシビレがなかなか改善せずに日常生活やお仕事に支障が出ている状態だと思います。

 

整形外科や整骨院、整体に通ってもなかなか改善しないか、もしくはロキソニンなどの痛み止めで痛みを紛らわせているかもしれません。

 

もし痛みやシビレが発症して1ヶ月以上経過しても改善しないのであれば、今までの施術があなたにあっていない可能性がとても高い状態です。

 

あなたが今まで頑張って通院された時間や病院や整骨院の先生の施術が間違っていたと言うことではなく、単純にあなたにあった施術や坐骨神経痛に対する根本的なアプローチができていなかっただけなのです。

 

例えば病院で渡されるコルセットですが、コルセットは弱くなった腰回りの筋肉を支えることには特化していますが、坐骨神経痛の根本的な施術には効果がなく、長時間つけていることで、さらに腰回りの筋肉が弱くなってしまい、さらに坐骨神経痛を悪化させる可能性があります。

 

湿布や痛み止め注射なども、痛みが強い時は服用されることはお勧めします。

 

しかし、連日飲み続けると副作用も強いため、カラダへの負担が増えていく心配や歯医者の麻酔と同じで麻酔をかけている時だけ痛みを感じなくなるものですので、根本的な改善を見込めるものではありません。

 

マッサージや電気も表面の筋肉やマッサージすることや痛みの出ているところに電気を当てる施術では坐骨神経痛はカラダの奥の問題ですので表面的なアプローチだけでは改善しないことの方が多いです。

 

 

当院に来院される方も3件以上整形外科や整骨院に通われていた方や、先ほどお伝えしたようなコルセットや薬、マッサージを受けて来られた方がほとんどです。

 

しかし、なぜ当院ではこのようなお客様が痛みやシビレのない生活を取り戻していけるのかご説明します。

 

 ・根性坐骨神経痛(こんせい)

 ・腰椎性坐骨神経痛(ようついせい)

 ・梨状筋性坐骨神経痛(りじょうきんせい)

 ・症候性坐骨神経痛(しょうこうせい)

 

まず当院ではどのタイプの坐骨神経痛なのかを判断していきます。

このタイプを間違えますと全く施術効果は現れてきません。

 

 

 

これは坐骨神経痛の大元に当たる背骨(せぼね)の箇所で神経痛の圧迫が起こって症状が出ています。

 

ですので、腰の周りの筋肉を揉みほぐしたり、マッサージや電気を当てても改善しないのはカラダの奥にある背骨に対してアプローチができていないからです。

 

当院では一つ一つ重なっている背骨の動きをしっかりと見せていただきながら、どこの箇所が大元の原因になっているのかを見極めアプローチをしていきます。

 

そして、なぜ背骨が悪くなってしまったのかの根本原因も一緒に探し出し、背骨の動きに関連している股関節(こかんせつ)や膝、足首などの調整も行っていきますので、シビレや痛みを改善するだけでなく再発も防ぐことができるようになります。

 

 

 

こちらの坐骨神経痛は背骨の歪みが原因ではなく、梨状筋と言うお尻の筋肉に坐骨神経痛が強く挟まれてしまっている為にシビレや痛みが起こってしまっている状態です。

 

このタイプの坐骨神経痛の場合の多くが骨盤の歪みが原因で、お尻の筋肉が硬くなりシビレを起こしてしまいます。

骨盤を正常の位置に戻してあげることで比較的早くシビレや痛みを改善することができます。

 

 

 

このタイプの坐骨神経痛は神経の圧迫が原因ではなく、糖尿病や内臓の疲れ、ストレスなどから坐骨神経痛が起こってしまうタイプです。

 

このような場合は当院の内臓整体や熱くない温かいお灸を用いて弱っている内臓にアプローチをしていきます。

 

このタイプの坐骨神経痛はマッサージや電気、薬や湿布では改善することがない為、長期的に続く坐骨神経痛の方は症候性坐骨神経痛の可能性が非常に高いです。

 

 

 

このように、どのタイプの坐骨神経痛なのかをしっかりと見極め、根本的にアプローチしていけば坐骨神経痛はさほど改善させるのが難しい症状ではありません。

 

そして、何が原因なのかをしっかりとお客様に理解して頂き、日常生活でのカラダの使い方を覚えて頂くことで再発も防ぐことができます。

 

もし、現在シビレや痛みが改善せずに困っている状態でしたらまずはご相談下さい。

 

しっかりと検査をして何が根本的な原因なのかを見極め、お客様それぞれに合った施術を行っていきますので安心して施術を受けて頂けます。

 

バキバキ、ボキボキするような施術ではなく、子供からお年寄りの方まで安心して受けて頂けます。